CBD Products

Cbd bonnガイドライン

(CBD):190カ国以上がメンバー 1992年成立1993年発効. • 生物多様性の保存. --> Cartagena Protocol on 数回のワークショップによるガイドライン. • 公平で衡平なアクセスと分配(ABS)--> Bonn Guideline on. Acess and benefit sharing on genetic  な関心事の一つとして,生物多様性条約(CBD)にお. ける,遺伝資源の 産国から直接提供される場合またはCBD発効後規定に MATにおいて,利. 益配分を明確にしておく必要がある.ボンガイドライン. 7). によると,それぞれ,下記のようなものが含まれる. 2015年8月20日 4) CBD事務局: List of Parties,https://www.cbd.int/information/parties.shtml (2015年5月29日アクセス). 協会生物資源総合研究所:ボン・ガイドライン(2002年9月5日JBA訳),http://www.mabs.jp/archives/bonn/index.html (2015  2003年10月1日 CBDは、生物資源アクセスの当事者はアクセス内容について事前に合意して、そこから得られる利益を公平に配分しなけれ に、2002年に、生物資源アクセスが公平とみなされるような手続きなどを定めた「ボン・ガイドライン」が採択された。 2010年9月15日 セス規制を定めている。1992年のCBD採択が契機となって、複数の国内ABS法案が作成さ. れているが、2001 国会議で採択され. たボン・ガイドライン(Bonn Guidelines on 会議)では、ブラジルは、CBDの課題として、. 次の3つを表明し 

2010年9月15日 セス規制を定めている。1992年のCBD採択が契機となって、複数の国内ABS法案が作成さ. れているが、2001 国会議で採択され. たボン・ガイドライン(Bonn Guidelines on 会議)では、ブラジルは、CBDの課題として、. 次の3つを表明し 

図 2 生物多様性条約(CBD),ボンガイドライン. ①政府窓口と権限ある国内当局とのコンタクト. 大原則として,海外の遺伝資源にアクセスする際に. は,その資源提供国内の最新の関連法令をまず調査. し,それを遵守しなければならない。締約国の政府窓. 8. Mai 2017 Mit zunehmendem Alter nimmt die Gedächtnisleistung ab. Cannabis kann diese Alterungsprozesse im Gehirn umkehren. Das zeigen Wissenschaftler der Universität Bonn mit ihren Kollegen der Hebrew University (Israel) an  ボン・ガイドライン. CBDに基づく任意のABS国際ガイドライン. 1998年に審議開始、2002年のCOP6で採択. 目的:. 行政官、資源提供者と利用者、原住民・地. 域社会等のための多目的な指針. JBA仮訳: http://www.mabs.jp/archives/bonn/index.html  2015年7月16日 2002 年には,生物多様性条約第 6 回締約国会議. (CBD COP6)において,ABS の実施を確実にするための. ガイドライン(ボン・ガイドライン)が採択された.本. ガイドラインでは,CBD で明記されなかった国内法制. 定や契約締結の参考例,  2017年12月6日 カンナビジオール(CBD)は、大麻草に見られる天然に存在するカンナビノイドの 1 つである。それ. は、21 炭素 p. 45-50. 36. Bonn-Miller, M.O., S.L. Banks, and T. Sebree, Conversion of Cannabidiol Following Oral Administration:.

ボン・ガイドライン. CBDに基づく任意のABS国際ガイドライン. 1998年に審議開始、2002年のCOP6で採択. 目的:. 行政官、資源提供者と利用者、原住民・地. 域社会等のための多目的な指針. JBA仮訳: http://www.mabs.jp/archives/bonn/index.html 

CBD に関連した任意のガイドラインとしては、2002年 4 月 7 日~16日に. オランダのハーグで開催された第 6 回締約国会議(COP 6 )で採択された. 「遺伝資源へのアクセスとその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分. に関するボン・ガイドライン(通称:  降,知的財産権がCBDの利益配分および技術移転. に関する規定に対してどのような役割を果たすかに. 関する議論を続けており,2002 年の「遺伝資源へ. のアクセスとその利用から生じる利益配分の公正か. つ衡平な配分に関するボン・ガイドライン(ボン・. 2012年3月12日 CBD 第 15 条に規定された遺伝資源へのアクセスと利益配分(Access and. Benefit-Sharing:ABS)を確保するために、国内法や行政措置、契約の作成の参考と. なる任意のガイドライン(略称「ボン・ガイドライン」2)が採択されました。 CBD 成立以前から遺伝資源アクセス事業を行って CBD には明確. な知的財産に関する規定はないが,TRIPS 協定は. 貿易に関する知的財産権問題を取り決めているた. め,資源国側では, CBD に対する姿勢はボン・ガイドライン26)に従. うということで  図 2 生物多様性条約(CBD),ボンガイドライン. ①政府窓口と権限ある国内当局とのコンタクト. 大原則として,海外の遺伝資源にアクセスする際に. は,その資源提供国内の最新の関連法令をまず調査. し,それを遵守しなければならない。締約国の政府窓. 8. Mai 2017 Mit zunehmendem Alter nimmt die Gedächtnisleistung ab. Cannabis kann diese Alterungsprozesse im Gehirn umkehren. Das zeigen Wissenschaftler der Universität Bonn mit ihren Kollegen der Hebrew University (Israel) an  ボン・ガイドライン. CBDに基づく任意のABS国際ガイドライン. 1998年に審議開始、2002年のCOP6で採択. 目的:. 行政官、資源提供者と利用者、原住民・地. 域社会等のための多目的な指針. JBA仮訳: http://www.mabs.jp/archives/bonn/index.html 

・ABS に係るステークホルダーと踏むべき手順を説明したセクター毎の行動規範及びガイドライン. 並びに全セクター共通の 下記は CBD第 15 条のアクセス条項において範囲外とし、名古屋議定書第 2 条の定義に当ては. まらないため、議定書に基づく ABS 

2012年3月12日 CBD 第 15 条に規定された遺伝資源へのアクセスと利益配分(Access and. Benefit-Sharing:ABS)を確保するために、国内法や行政措置、契約の作成の参考と. なる任意のガイドライン(略称「ボン・ガイドライン」2)が採択されました。